メニュー

 


■ 冷え性治療

 外部環境や食べ物・飲み物などから、「冷え」が身体に影響を及ぼし、血行を悪くさせたり、
 内臓の機能を低下、自律神経の不調を招きます。

 軽い場合には秋から春の寒い時期に手足の先が冷たくなる程度ですが、症状が進行すると、
 頭痛、肩こり、腰痛、便秘、下痢、睡眠障害、肥満、生理不順、不妊、難産、逆子などを起こし
 易くするだけでなく、神経痛や関節・筋の痛みを強くし、運動器系疾患の治癒を遅らせます。

 冷え性の治療は、鍼・灸や電気治療器、マッサージや筋腱感覚刺激療法などの手技療法、
 家庭でのセルフケア・生活指導・食事指導を状態に合わせて選択し、総合的に行います。

 *冷え性の治療は予約制です。
   
   お問い合わせ先
   こうふく接骨院・鍼灸院内 「冷え性相談室」 ・・・ ☎ 0258(29)8181



■ 香り療法

 アロマオイルの香り(成分)を、鼻から吸引して神経に働きかけることにより、痛みの軽減、
 リラクゼーション効果など、さまざまな効果があります。

 当院では、処置室やベッドサイドで必要に応じて用いています。



■ 耳つぼダイエット

 体重の増加や、肥満による関節や筋の痛みを効率よく治すためには、身体を支える筋肉の
 トレーニングが欠かせません。

 しかし、痛みが強くて運動が出来ない患者さんに、当院では耳つぼダイエットをお薦めします。 

 耳つぼダイエットは、接骨院・鍼灸院に併設した専用の部屋で、女性スタッフが行います。

  *詳しいご説明、お問い合わせはこちらまで!
   「楽減るーむ Panda」 (らくらくるーむ ぱんだ)
   ☎ 0258(29)6767


■ 超音波観察装置(エコー)

 当院では外傷(ケガ)において・・・
   ・ 骨に異常が有るか、無いか? 
   ・ 関節、筋肉、靭帯などの状態がどうなっているのか?
   ・ ケガの回復が順調に進んでいるかどうか?
  など、患者さんの状態を正確に判断するため、また的確な施術が行われているか
  確認するために、超音波画像診断装置(エコー)を使用しております。

  超音波画像診断装置(エコー)は、妊婦の胎児検診に用いられるように、身体に
  害が無く、
安全な検査装置です。
  安心して繰り返し観察することが出来ます。

  
 A院長は、日本超音波骨軟組織学会認定の「認定講師」です。
 日本超音波骨軟組織学会の理事や、教育セミナーにおいて講師などを務めております。

  ■ 日本超音波骨軟組織学会 ホームページ
    http://www.japan-ubm.jp/index.html